陀羅尼助

1300年の歴史をもつ胃腸薬「陀羅尼助」をモチーフにした『キハダコーラ』

 

佐々木薫先生に教えていただいて取り寄せました

毎晩、何かしら体に良いものを炭酸で割って飲むのが日課で、飲んでみたかった

 

「陀羅尼助とは」*ホームページより

1300年以上続く和漢胃腸薬。役行者(えんのぎょうじゃ/あるいは役の小角(えんのおづの))が、疫病が流行して人々が困っているのを助けるために、オウバク(キハダの樹皮)を煎じたことが陀羅尼助の起源とされています。その後、役行者の従者「後鬼」の子孫である天川村洞川の人々に製法が伝わったとされています。成分にオウバク、ガジュツ、ゲンノショウコの3つの生薬が用いられています。胃腸薬として広く伝わり、奈良県の伝統薬として今日まで親しまれています。

 

 

キハダ、紫ウコンや精油でお馴染みのレモン、カルダモン、シナモン、ジンジャー・・・

 

美味しくて体に良いものばかり!

Follow me!