ブレンドはハーモニー&アート

土日は「ARTQ INSTITUTE 精油ブレンド学Ⅰ」広島校として

 

アロマティーク代表 アネルズあづさ先生と山下が開催しました

 

精油の香りやバランスが持つアート性、そしてそこに精油の化学的な機能性の知識をバランス良く組み合わせることで完成するブレンドを自分の判断力で仕上げるブレンドを目指すコース

 

「精油を知っているセラピスト」から「精油を実際にバランスよく活用できるセラピスト」へ

 

テーマに沿って、皆さんにそれぞれブレンドオイルを作っていただきました

 

二日目の昨日は化学からみる香り、アロマセラピーからみる香り・成分など。

 

リモネン、リナロール、アネトール、シトロネロール、テルピノネオール、α-ピネンなど単一成分も嗅ぎ、最後にはラベンダーの蒸留、わずかに精油も採れました

 

私のアロマの恩師は「ブレンドは感性と直感、ただし裏づけのある直感でなければならない」と教えてくれました。

 

二日間の学びで、ブレンドは化学的なことや精油の特徴を理解したうえでのハーモニー&アートだとあらためて感じました

Follow me!